工場専門の求人サイトで仕事を探しました!

最新!工場求人情報ナビ|工場専用の求人サイトを見て応募しました!

どうしても工場で働きたかったので、工場専用の求人サイトで新しい仕事を探しました。

 

その時に利用したのが、工場求人ナビです。

 

いろいろなサイトを調べたのですが、このサイトが一番良さそうだったので登録することにしました!

 

このサイトを使うと、いろいろと得することが多いのでありがたかったです。

 

勤務地が決まったら、赴任する際の勤務地までの交通費を支給してくれます。地元で就職が見つかれば良かったのですが、私の場合、地方の工場に勤務することになり交通費が1万円以上掛かったので助かりました!

 

こんなサービスは聞いたことがありません。驚きました!

 

また、寮のサポートや手持ちが少ない時には、給与の一部を給料日前に受け取ることのできるサービスもあります。

 

これも、正直助かりました。。

初めての方でも安心ですよ

工場求人ナビ

工場求人ナビ

 

日総工産の工場専用求人サイトです。このサイトでは、全国の工場から希望に沿った案件を提案してもらうことができます。寮付きの仕事や未経験の仕事など細かく分類されていますので、大変仕事が探しやすいサイトです。募集職種は、いろいろ数多くあります。

 

一例を挙げますと、自動車、半導体、液晶、食品、住宅、印刷、精密機械、機械加工、金属加工、石油化学、紙・パルプ、ゴム、電子、電気等です。経験者は優遇されます。日勤や夜勤の希望も聞いて貰える場合もあります。

 

土日・祝日以外は毎日サイト内の求人情報が更新されます。無料登録をされている方は、メールにより求人状況を確認することでき大変便利です。

 

サイトを利用した感想

このサイトは、求人の情報が常に新しいので大変助かりました!便利だったのは、メール案内です。

 

登録しておけば、希望の情報をどんどんメールで送って貰えるので便利でした。

 

登録は、無料で簡単にできますので仕事を探している方は、メール案内だけでも受け取っておけば、良いと思いますよ。

 

 

 

派遣社員から正社員になるには?

ライフスタイルの多様化により、正社員で働くよりも派遣社員で働く方が良いと考えている人も多いようです。

 

正社員の方が雇用も給料も安定しているため、最初は派遣でも正社員を目指してる方も多くいらっしゃいます。実際に最初は派遣社員として働きながら、後に正社員として雇用される方も多くなっています。

 

求人情報の見ても正社員を目指せるというような記述がある場合も多く見られるのですが、年数さえ経てば、全員が正社員として採用されるということはありません。

 

工場の求人情報を見る際には、そういった部分もきちんと確認することをおすすめします。

 

工場に派遣社員として入社した後、2年から3年程度は派遣社員として過ごすことになります。その期間は自分の正社員になりたいという意思を示すため、他の従業員よりも真面目に一生懸命働く必要があります。

 

今は派遣社員だからこの程度でいいやというような考え方ではなく、気持ちの中では自分は正社員だというような責任感を持って働くことが大切です。

 

毎日、全力で働くことにより、採用担当者やあなたの上司は必ずその意欲を認めてくれます。

 

正社員と派遣社員の待遇の違い

正社員と派遣社員は給料が大きく変わってきます。特に大きく違うのは、ボーナスと手当の部分です。派遣社員のボーナスが寸志であることも多くほとんど期待することはできません。

 

そのためローン組んであり大きな買い物をする時に苦労する場合が多くあります。これが正社員になることでボーナスが満額支給されます三ヶ月分支給されれば、60万円から90万円ぐらいのボーナスがもらえます。

 

また手当の部分でも、正社員になるとすごく充実しています。各種の手当がつくことで毎月の手取り額も10万円アップします。

 

福利厚生や退職金の事を考えると、やはり正社員の方がいいと感じることになると思います。

 

40代・50代の方の求人が増えています!

最近では、工場の求人の中に中高年歓迎というような表記をよく見かけると思います。

 

採用担当者の立場からすれば、中高年より若い人の方が長く働いてくれる可能性もあり、採用したくなる思いはあるのですが、実際には工場の求人に対する若者の応募が少なくなってきているようです。

 

これは、若い方が工場で働くことを嫌がってるというようなことではなく、若年層の人口が少ないため起きている現象のようです。

 

特に地方では若い人たちは、都会に出ていてしまうので人口が減り、工場で働く人が減っています。大きな工場は、都会の真ん中よりも地方都市の方が多いため、人材を求めている側と実際の応募者とのズレが生じています。

 

このため、工場側も中高年の方にも効く門戸を広げ、今では社会的な経験が多くある中高年の方をむしろ優遇するようになってきました。

 

また最近では、40代50代の方といっても、見た目も体力的にも若い方が多く、工場の仕事であってもバリバリと働くことができる方が増えているのも、採用数が増えている一つの要因になっています。

 

40代・50代の方が工場で働くとなると体力的に不安を感じている人もいるかもしれませんが、体を酷使しない軽作業もあります。また、梱包や検品・検査といったような仕事も多くあり、女性の方も工場で多く働いています。

 

もし、重機の免許をお持ちであれば、採用される確率は非常に高まり、工場の中でも重宝されますよ。

 

お勧めの求人情報はこちらで確認できますよ。

 

梱包作業

工場から商品を出荷する際に商品を箱詰めしたり、袋詰めしたりするのが梱包作業です。比較的簡単な作業なので、マニュアル通り進めていけば、初めて梱包作業をする人でもすぐに慣れることができます。女性の方も多く、主婦の方がアルバイトやパートとして時間を決めて働いている場合もあります。

 

溶接作業

製造工場で金属部品の接合や切断を行う仕事です。自動車工場や部品工場などでの求人が多くあります。溶接作業の場合、高いスキルと知識が必要になるので、工業系の学校出身者や過去に溶接をしていた経験者の方が採用には有利になります。

 

組み立て

組み立ては工場の求人の中で一番多い仕事になります。予め用意されているパーツを組み立て、家電製品や自動車製品などを作る仕事です。組み立てる製品によっては、特殊な技術が必要なものもあり、働きながらスキルアップをすることができます。

 

生産管理

生産管理の仕事は工場で製品管理はもちろんのこと、工場全体をコントロールする役目を担います。メーカーの受注管理から生産のスケジュールなどを立て、工程通りに進んでいるのか、納期までに納品できるのかを管理する仕事です。いきなり全体を管理する立場を任されることはまずありません。まずは、リーダーのサポートとして働くことが求められます。

 

食品加工

食品加工の仕事は、ライン作業(流れ作業)が多いので、スピーディーに仕事をこなすことができる人が向いています。また、お弁当を作っている工場の場合、調理技術が求められる場合もあります。最初は難しいかもしれませんが、それほど難しい仕事ではありませんので、慣れてくると丁寧かつスピーディーに仕事を進めることができるようになります。

 

軽作業

工場での求人に書かれている仕事内容を見ていると、軽作業と書かれていることが多いの気づくと思います。軽作業とは抽象的な表現ですが、 工場内での仕分け、検品、梱包、ラベル貼り、分類などを行います。工場にごとに行われる作業は、様々です。簡単な仕事が多いので、初めて工場で働く方でもすぐに慣れることができます。

 

検査

工場の生産ラインで完成した製品を機械や目視などでチェックする仕事です。不良品があれば、破棄し報告します。比較的、単調な作業の繰り返しになるので、集中力が必要なため、慣れるまでは疲れてしまうかもしれません。女性が多いもの特徴です。